So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

宮川香山 2017年12月の講演会

皆さん、おはようございます。

2017年の12月に、再び講演会を開催させて頂くことになりました。

宮川香山の真葛焼について、最近の研究成果を含めわかりやすく解説させて頂きます。

もちろん無料となっております。



MAKUZU.jpg



2017年12月16日 土曜日、ヨコハマポートサイド地区コンカード横浜6階にて。

お名前(2名以上でご参加の場合はそれぞれのお名前が必要です)、ご住所、電話番号をメールにてお願い致します → artennichi2017@gmail.com 参加者公募事務担当 竹森まで。

定員に達しましたら受付が終了となります。ご参加いただける方に、事務局より参加通知ハガキが郵送されます。




今日もブログをみて頂き、有難うございました。

眞葛 博士





P.S.  先日は横浜市電保存館にて講演会を開催させて頂きました。ご参加頂いた皆さまに大変熱心に聞いて頂き、嬉しく思います。ありがとうございました。


20171021_3k.jpg




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

宮川香山 講演会情報


神奈川県横浜市磯子区で「横浜市電保存館」を運営する、一般財団法人横浜市交通局協力会(所在地:横浜市中区長者町、理事長:山﨑幹夫)は10月21日、同館併設ホール「しでんほーる」にて第10回しでんほーる連続講座『幻のやきもの 横浜眞葛焼』を開催します。
http://www.shiden.yokohama/news/


95799774-AB2F-47D7-B0E6-8A78B732CB55.jpeg



60FF3AAC-1778-4965-81D2-C6C4545109C4.jpeg


また、講演会に合わせ、テレビチャンピオンによる中華街ガイド散策と真葛ミュージアム見学がセットになったバスツアーも企画されています。

詳細は→ http://www.ryoko.yokohama/tour/post-24.html


まだ眞葛ミュージアムを訪れたことのない方、是非このツアーを利用して頂ければと思います。




今日もブログを見て頂き、ありがとうございました。
真葛 博士








P.S. サンケイリビングさん主催の「みどころ満載の横浜三塔巡り」ツアーに、三塔協議会としてご協力させて頂きました。 → http://mrs.living.jp/yokohama/hamameguri

冒頭、横浜開港記念会館にて講演をさせて頂きました。

CDR_9587.jpg


CDR_9585.jpg


CDR_9619.jpg




歴史的建造物は、その形や素材が重要なのではなく、それを作った人々の気持ちや利用してきた人々の思い、さらに修復・保全してきた方々の心などもその建造物の大切な要素だと考えています。

だからこそレプリカでの保存では充分ではないのです。

オリジナルを実際に目で見て触れることによってのみ、その歴史的建築物に関わった方々の思いを初めて感じることができるのです。(故村松貞次郎先生の講演資料を読むことによって、気付かされたことです)


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」

皆さん、こんばんは。

「驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ」が、いよいよ本日から三井記念美術館で始まりました。

00088561.jpg

今回の企画展では、明治の超絶技巧作品と現代作家の作品が競い合うように展示されているのですが、現代作家が自由な発想で製作した作品のパワーが強烈で、気がつけば明治の超絶技巧作品よりも強く印象に残る企画展になっていました。

現代作家おそるべしです!




夕方から開催されたブロガーナイトに参加させて頂き、写真をたくさん撮って参りましたので、その一部をご紹介したいと思います!


DSC05021.JPG



この企画展の監修をされた山下裕二先生によるギャラリートーク形式という何とも贅沢な進行でした。


DSC05017.JPG



会場に入って、一つ目の作品は初代宮川香山の作品です!



DSC04998.JPG



最初の2点の作品だけは、会期中どなたでも写真撮影が可能となっています。



DSC05022.JPG



DSC05000.JPG



今回の企画展には合計3点の宮川香山作品が展示されております。



DSC05097.JPG





対する現代作家 稲﨑栄利子さんの超絶技巧作品です。



DSC05070.JPG



DSC05068.JPG




とてもやきものとは思えない繊細さと緻密さです。自然界に存在していたもののように感じます。



DSC05123.JPG



DSC05135.JPG




明治を代表する超絶技巧作家初代宮川香山の高浮彫り作品を凌駕する、驚きの超絶技巧ですね、、、。








次に七宝を見てみましょう。

明治を代表する七宝といえば並河靖之です。



DSC05011.JPG




対して、現代の七宝作家 春田幸彦さんの作品です。



DSC05004.JPG



「蛇皮のバックじゃないか?」という声が聞こえてきそうですが、実はこの作品、七宝で製作されているのです。




DSC05032.JPG




DSC05050.JPG




DSC05008.JPG




DSC05031.JPG




蛇のヌメヌメっとした光沢と、絶妙な色彩は七宝ならではですね。

バッグの持ち手の部分も皮に見えますが、銅でできています。現代アートらしい超絶技巧作品ですね。





DSC05153.JPG



このかっこいいクロコダイルのお財布も、盛上七宝で製作されています。



DSC05129.JPG



DSC05130.JPG




春田幸彦さん、恐るべしです。







他にも、木彫、牙彫、金工、自在などの分野で、現代作家による脅威の超絶技巧作品が数多く展示されています。



DSC05156 - コピー - コピー.JPG



DSC05072.JPG




上の二つの作品は、現代作家前原冬樹さんの木彫作品。

そしてセミと自在の海老の作品は、現代作家大竹亮峯さんの木彫。20代の若者の作品とは思えません。才能と努力の賜物でしょう。




DSC05140 - コピー - コピー.JPG




DSC05037.JPG



金工作品でも、驚きの超絶技巧作品が、、、。



DSC05180.JPG




DSC05182.JPG




現代作家髙橋賢悟さんの作品です。生花を一輪一輪型取りしアルミを鋳造する技法で製作されています。薄く、細かい部分まで鋳造するのは想像を絶する超絶技巧ですね。

このような作品が、広ーいリビングに飾ってあったらめちゃくちゃかっこいいでしょうね。

金工では、他にも薄い鉄板を熱してひたすら叩くことによって作り上げられる本郷真也さんの作品も非常に印象に残りました。



DSC05163.JPG





明治で廃れてしまったと思っていた超絶技巧ですが、その精神はしっかりと現代にも継承され息づいていました。それを知ることが出来、とても嬉しく感じました。

驚異の超絶技巧展は、大人から子供まで、理屈抜きに楽しめる企画展です。

是非、お勧めです。→ http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html




今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士





P.S. これだけの超絶技巧作家を見出し、今回の企画展を企画された山下裕二先生と広瀬社長に敬意を表します。現代作家の方々が今後どのような作品を作られていくのか、とても楽しみになりました。


IMG_0073.JPG
素晴らしき現代作家の方々 @内覧会後の慰労会にて




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

9月9日より「初代宮川香山 遺作展 ~初代から二代へ~」開催

初代宮川香山 遺作展
~初代から二代へ~



宮川香山 眞葛ミュージアムでは、平成29年9月9日(土)より、「初代宮川香山 遺作展 ~初代から二代へ~」を開催致します。


今回の展覧では、初代宮川香山の「遺作」の作品群にスポットを当てます。
文化の都である京都に生まれ、日本一の貿易港となった横浜で明治を代表する陶芸家となった初代宮川香山が、”生涯を通じて目指したもの” について探ります。



初代宮川香山は大正5年、享年75でこの世を去ります。
しかし没してもなお、初代の作品を求める声も多く、眞葛窯では初代が亡くなる直前に製作した作品や、参考品として窯で大切に保管されてきた作品を「遺作」として世に送り出すことになります。それらの作品は、息子の二代宮川香山が自らの筆で初代の遺作であることを記した共箱に納められました。現存する「遺作」の作品群は、初代から二代へと遺され、継承された眞葛窯の伝統を知る上でも大変貴重な資料となっています。



本企画展では、豊富な「遺作」コレクションを一堂に展示すると共に、初代の跡を継いだ二代宮川香山の名品も数多くご覧頂きます。
初代の精神を見事に受け継いだ二代の妙技も存分にお楽しみください。




宮川香山 眞葛ミュージアム
館 長  山本 博士
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

眞葛ミュージアム 9月3日まで写真撮影が可能に


宮川香山 眞葛ミュージアムでは、2017年9月3日(日)まで、
「初代宮川香山 技と美の饗宴」展を開催中です。

会期終了の9月3日(日)まで、試験的に全作品の写真撮影を可能にさせて頂きます。(但し、三脚、フラッシュの使用は不可)

写真撮影を可能にした場合、「作品の見学がしづらくなってしまう」、「音がうるさい」などのご意見を頂くことも多くあり、通常は写真撮影を不可とさせて頂いておりますが、9月3日までの限定で、試験的に写真撮影可の運用を致します。


d749.jpg


写真撮影等をご希望の方は、どうぞこの機会に是非ご利用ください。


宮川香山 眞葛ミュージアム 
館  長


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -
メッセージを送る