So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

干支盃 酉 (三代宮川香山作)



J-1_1.jpg
「干支盃 酉」三代宮川香山作 (個人蔵 宮川香山眞葛ミュージアム保管)


眞葛窯では、毎年、その年の干支の盃を製作していました。

この作品は、昭和20年に三代宮川香山により製作された酉年の盃です。


J-1_HAKO.jpg
三代宮川香山の筆跡による箱書き


昭和20年。この年の5月、横浜大空襲により三代宮川香山は命を落とします。

盃に描かれた笑顔の酉を見ていると、命のはかなさと平和の大切さを改めて考えさせられます。



今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

あけましておめでとうございます。

IMG_20170103_0001.jpg

宮川香山 眞葛ミュージアムは、1月14日(土)から、多数の初公開作品を展示し、皆さまをお迎えいたします。ご期待下さい。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

山本博士



追記(1月13日)

「初代宮川香山 技と美の饗宴」展のご案内

宮川香山 眞葛ミュージアムでは、平成29年1月14日より「初代宮川香山 技と美の饗宴」展を開催致します。
初代宮川香山の特徴的作風「精緻な細工を施した高浮彫り」と「優美な色彩が施された釉下彩」を存分にご堪能ください。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

日本のアールヌーヴォー 宮川香山展 (12/12追記)



初代宮川香山の没後100年を記念して、企画展最終日の12月18日(日)は、

・ 入館料無料
・ 館内写真撮影可 (但しフラッシュや三脚使用不可)

とさせて頂きます。12月18日だけの一日限りのイベントです。

釉下彩で華やかに彩られた、初代宮川香山の美の世界をぜひご堪能下さい。

(2016年12月12日追記 )





「日本のアールヌーヴォー 宮川香山展」のご案内


 2016年9月10日(土)より、横浜の「宮川香山 眞葛ミュージアム」において、「日本のアールヌーヴォー 宮川香山展」を開催致します。http://kozan-makuzu.com/


 初代宮川香山と言えば、鳥や昆虫、植物などを精緻な細工で施した“超絶技巧”が頭に浮かびます。目がくぎ付けになるその表現方法は、初代香山が没して100年経った今でも私たちに新鮮な驚きを与えます。しかし、香山の作風において、優美な色彩と曲線で彩られた磁器作品も忘れてはなりません。

 明治20年代以降、初代香山は、当時西洋で流行していたアールヌーヴォーを意識し、それを香山流に昇華させた「日本のアールヌーヴォー」と言うべきスタイルを確立します。身近な植物などをモチーフに、“釉下彩”技法による淡く繊細な色彩で、器形と融和した絵付けが施された磁器作品は、万国博覧会などで多くの人々を魅了しました。

 釉下彩とは、素焼きをした素地に顔料で絵付けを行い、その上に透明釉をかけ高温で焼成する技法です。コペンハーゲンなど、世界のアールヌーヴォー磁器の多くがこの技法を使用していましたが、温度の微妙な加減で色調が変化してしまうため狙ったとおりの色を出すのが難しく、また色毎に発色温度が異なるため、複数の色を発色させるのが非常に困難な技法でした。当時は、この”多色の釉下彩”を完成させるべく、それぞれの窯が技術競争を行っている状態でしたが、初代香山はその“超絶技巧”を国内でいち早く完成させた一人であったのです。

 没後100年という記念すべき年を締めくくる本企画展では、初代宮川香山の”多色の釉下彩”という「色彩の超絶技巧」を存分に堪能して頂きます。精緻な細工を施した“超絶技巧”と共に、優美な色彩を纏った愛らしくそして可憐な「日本のアールヌーヴォー」をお楽しみ下さい。



宮川香山 眞葛ミュージアム
 



D-38_1.jpg
初代宮川香山作  個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム





D-31_1.jpg
初代宮川香山作  個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム





D-5_1.jpg
初代宮川香山作  個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム





D-20_1.jpg
初代宮川香山作  個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

宮川香山 ニューヨークでの調査

みなさん、こんにちは。

様々な調査を兼ね、ニューヨークに行って参りました。



IMG_4400.JPG




リンゴは食べました、、、笑。

IMG_4407.JPG



ニューヨークといえばマンハッタンの摩天楼。



DSC03402.jpg



そして五番街でしょう、、。

こんな方がいらっしゃいました。



IMG_4450.JPG



..............。





かつて五番街に邸宅を構え、その邸宅に眞葛焼を飾っていた大富豪 ウィリアム・ヘンリー・ヴァンダービルト。



DSC04679.jpg
THE COSMOPOLITAN , 1880



RIMG0071-999f4.jpg


RIMG0074-10378.jpg


( 以前ブログでその事実の発見について書かせて頂きましたね。→ http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2014-03-23-1 )



五番街の邸宅は現在どのようになっているのか、実際に行ってみますと、、、。



RIMG0144-7e781.jpg


DSC03683.jpg

DSC03685.jpg


跡形も無くなっていました、、、。これも時代の移り変わりなのでしょう。




ニューヨークには、眞葛焼を多く扱う古美術商や、メトロポリタンなど眞葛焼を収蔵している美術館などが有ります。

今回そのような所を全て訪問し、調査を行って参りました。

特に有意義であったのは、とあるコレクターの真葛焼コレクションの調査でした。

彼の宮川香山コレクションは、世界一の数とクオリティーを誇ると思えるものでした。

(国内外を問わず数多くの真葛コレクションを見てきたこの私が驚嘆する程ですので、いかにスゴいか想像して頂けると思います)



DSC03421.jpg


DSC03505.jpg



大きな作品だけでなく、小さなものであっても優れた美しい作品であればコレクションをされており、眞葛焼に対する深い愛情も感じられました。



DSC03476.jpg

DSC03475.jpg



DSC03481.jpg



DSC03567.jpg



個人的な好みで言えば、この作品がとても印象に残りました。


DSC03637.jpg

DSC03634.jpg




一つでも多くの作品を調査し、技法や銘を分析していくことは、非常に有意義な研究になります。

調査に協力して頂けたことに深く感謝したいと思います。

また、関先生や堀さんにもこの場をお借りして改めて御礼申し上げます。



今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士



P.S. 週刊ポストにて、増上寺での宮川香山展が紹介されました。宮川香山を知らなかった方に知って頂く上でも大変有り難いことです。
http://www.news-postseven.com/archives/20161116_466042.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00000015-pseven-life

m_postseven-466042.jpg


















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

宮川香山 真葛窯 正門跡地付近出土の陶片

みなさん、こんにちは。

今日は真葛窯の正門跡地付近から出土した陶片をご紹介したいと思います。


鳥-1k.jpg


鳥-4k.jpg



二代香山による置物の陶片だと思われます。


この陶片は、真葛窯の跡地で生まれ育った私の古くからの友人であるAさんが見つけたものです。

この陶片からも、面白いことが分かります。

裏を見てみますと、、、、


鳥-2k.jpg


二つのピースを繋ぎ合わせた跡を確認することができますね。

型成型により製作されていることが分かります。

出土した陶片によって、作品を割ることなく、その裏側や製法を確認することができるのです。


このように陶片からは非常に多くの情報が得られ、大変貴重な資料となります。(宮川香山 眞葛ミュージアムでは、200ピースを超える陶片を保管しています。)

今後も折を見て、陶片も紹介していきたいと思います。


今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士



P.S. 横浜市の林市長が、横浜市の広報ラジオ番組の中で眞葛ミュージアムを紹介して下さるそうです。

2016年11月27日(日)午前8時30分から9時 FMヨコハマで放送予定です。FMヨコハマのホームページでも、音声配信されるようです。大変有り難いことです。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の5件 | -
メッセージを送る