So-net無料ブログ作成
検索選択

山下居留地遺跡の出土物は宮川香山の「狸亭」でした

以前、横浜の山下公園近くの旧外国人居留地「発掘調査報告書」に真葛焼と思われる作品を発見し、公益財団法人かながわ考古学財団に遺物の再確認をお願いしたお話を書かせて頂きました。
→ http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2011-11-10 


m_DSC00104-e5c06.jpg
出土遺物 『かながわ考古学財団調査報告258 山下居留地遺跡』2010





m_EN-7-1.jpg
初代宮川香山 「狸亭 水滴」 個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム保管


上の写真を見て頂いておわかりのように、初代宮川香山が大正2年のごくわずかな期間だけ製作した「狸亭」ブランドの水滴に酷似していることがお分かりいただけると思います。


m_DSC05224-e7b92.jpg
「狸亭 商品売上帳」 横浜市歴史博物館蔵

過去の狸亭ブログ記事 → http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2009-03-24-1



この度、この出土遺物についてかながわ考古学財団さんから、遺物の裏面を確認したところ、はっきりと「狸亭」の印が確認できたとのご連絡を頂きました。

やはり出土遺物は初代香山の狸亭作品だったのです。


「関東大震災で建物は倒壊しその瓦礫整地層から出土しています。明治中期(1885年~1896年頃)コッキング商会、その後、他の商館やおそらく薄荷精製所の日本人後継者などが55番地を使用しています。現在のところ断定は困難かもしれませんが、1923年の震災時点での使用者は松浦吉松(絹物雑貨貿易商)と考えています。

その場所から1913年製作という時期及び製造所が極めて限定された出土品のもつ情報は有効であると考えられます」という旨のお言葉も頂戴しました。

眞葛焼研究が、思わぬ分野に役立てて非常に嬉しい限りです。




さて、この初代宮川香山による「狸亭」ブランド作品ですが、製作期間がごくごく限られていたこともあり、現存が確認されている作品はわずか3点だけでした。



m_EN-7-1.jpg
初代宮川香山作 「狸亭 水滴」大正2年 個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム保管




m_EN-8-1-288dc.jpg
初代宮川香山作 「狸亭 置物」大正2年 個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム保管 




m_DSC05187-18660.jpg
初代宮川香山作 「狸亭 酒徳利」大正2年 宮川家伝来 宮川眞名誉館長蔵





眞葛焼の収集と研究をはじめて10年程になりますが、初代香山の「狸亭」作品は見つけ出すことが非常に難しい作品です。

そんな中、新たな狸亭作品を発見することができました!



RIMG1467.JPG
初代宮川香山作 「狸亭 筆洗」大正二年 個人蔵 宮川香山 眞葛ミュージアム保管



実に愛らしい雰囲気が表現されています。



RIMG1478.JPG



こういうものを机の上に置いて、筆を持つ、、、。

何とも風流なことです。


これら「狸亭」作品の注目すべきポイントは、その希少性だけではありません。

小品がゆえ、初代香山自らが一人で作り上げた可能性が非常に高い点です。

「狸亭 売上台帳」には、初代の筆跡で一つ一つ製作した作品が記されている点からもそのように推察できるのです。

(万博出品作品等を初代宮川香山が一人で製作することはあっても、通常、眞葛窯では工房として多くの弟子たちと共に製作が行われていました)

現在の研究テーマは、なぜ初代宮川香山は晩年に「狸亭」作品を製作したのか?という点です。

いくつかの仮説は立てられたのですが、それを立証するため鋭意研究を継続しています。



今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士









nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 2

R.Grey

(初めての書き込みです)
いつも貴重な情報を本当に有り難うございます。

あの水滴は、やはり狸亭でしたか!
それにしても、、、、、
山本様の問い合わせから、何年も経っての急展開には、
何か理由が有ったのでしょうか?
もしかして、他の遺跡からも狸亭が、出土したとか!?
by R.Grey (2014-04-03 17:25) 

眞葛 博士 (マクズヒロシ)

R.Grey さん
コメントを頂き有難うございました。そしていつもブログを見て頂き感謝しております。
さて山下居留地遺跡から出土した遺物が「狸亭」であると確定されるのに時間が掛かってしまったことには特に理由はないのです。財団の方々も忙しくお仕事をされていますし、僕もまた急かすようなことはしていなかったためだと思います。
ブログでご報告するのも遅れてしまいましたし、、。
今後もマイペースでの更新になってしまうと思いますが、どうぞ今後とも何卒宜しくお願い致します。
ありがとうございました。


by 眞葛 博士 (マクズヒロシ) (2014-04-03 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る