So-net無料ブログ作成
検索選択

眞葛香山 ちょっとおもしろい未公開作品

初代宮川香山作品のコレクションの一部は『世界に愛されたやきもの 初代宮川香山作品集』( http://kozan-makuzu.com/book.html )に掲載しておりますが、掲載しきれなかった作品が他にも多く存在します。

今日はその中から、眞葛ミュージアムでも未公開のちょっと面白い作品をご紹介いたします。

それはこの作品です!


_DSC0883.jpg
初代宮川香山作  眞葛ミュージアム保管 個人蔵


日英博覧会に出品された白熊の作品と非常に似ていますが、よく見ると細部が異なるのがわかります。


DSC06467-21910.jpg
明治43(1910)年 日英博覧会出品作品 ヴィクトリア&アルバートミュージアム蔵


この日英博覧会出品作とほぼ同時期に製作されたと思われる作品を、以前眞葛ミュージアムで公開させて頂きましたね。


_DSC0848.jpg
初代宮川香山作  宮川香山 眞葛ミュージアム保管 個人蔵


_DSC0859.jpg



つららから滴り落ちる水滴の表現が見事ですし、白熊たちもとても愛らしく表現されています。

それでは、これらの作品と未公開作品の違いについて見ていきましょう。


_DSC0883.jpg
初代宮川香山作 宮川香山 眞葛ミュージアム保管  個人蔵


__222.JPG


そうなんです。

つららから滴り落ちる水が、水面へ落ちる様が表現されています。

氷混じりの冷たい水面の表現も素晴らしいですね。


さて、それでは氷窟の中には、どんな” 白熊さん ”がいるのでしょうか、、、、。


_DSC0892.jpg


ん、、、?


_DSC0895.jpg


白熊、、、じゃない!!(笑)


__111.JPG


仲の良さそうな愛らしい鴛鴦ですね(笑)


つららから滴る水もまた凍ってしまいそうな冬の湖、、、。

そんな水面のほとりの小さな穴。

そこで仲良く肩を寄せる鴛鴦の夫婦、、、。

そんな作品でしょうか、、、。


_DSC0881.jpg
初代宮川香山作 宮川香山 眞葛ミュージアム保管 個人蔵



雪景色の中の鴛鴦と言えば、宮内庁が所蔵し、2009年の「皇室の名宝」展で公開された伊藤若冲の「雪中鴛鴦図」が思い出されます。

img_2.jpg
伊藤若冲作 「雪中鴛鴦図」 宮内庁蔵

初代香山もまた、冬景色の中の鴛鴦をモチーフにした作品を製作していたのですね。


今日は、初代宮川香山の未公開作品について書かせて頂きました。

これからも折を見て、このブログで未公開作品なども紹介していきたいと思います。


今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士



p.s.  眞葛窯跡地での発掘で出土した類似作品の破片については、三年程前にブログで書かせて頂きましたね。 → http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2011-08-01














nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る