So-net無料ブログ作成

本日からの企画展 「歴代宮川香山の眞葛焼」展

皆さん、おはようございます。

本日3月28日(土)より、「宮川香山 眞葛ミュージアム」で新たな企画展がはじまります。

題して、「歴代宮川香山の眞葛焼」展。

皆さんは、眞葛焼が初代、二代、三代、、と続いたことはご存知ですよね。

でも、歴代の宮川香山がどのような作品を作っていたのか?

初代と比べてどのように作風が異なるのか?については、比較しながら同時にたくさんの作品を見る機会は少ないかもしれません。

今回の企画展では、豊富な所蔵品の中から、初代と比較ができるような展示を行いました。



D-48_1.jpg
初代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管


H-24_1.jpg
二代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管



全く同じモチーフ、同じ色調の作品ですが、初代と二代の微妙な作風の違いがわかりますよね。



E-19_1.jpg
初代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管



I-2_1.jpg
二代or三代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管



こちらの香炉を比較するのも面白いです。



B-20_4.jpg
初代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管



H-23_4.jpg
二代宮川香山作 個人蔵 眞葛ミュージアム保管



このように、同じモチーフでありながら、明治の初代と大正・昭和の二代・三代では味わいが異なるのがお分かり頂けると思います。

今回の企画展では、そのような作品を多数展示致しました。

もちろん、以前ブログでご紹介した初公開作品なども多数展示しています。


G-7_pair.jpg
東京瓢池園作 素地:初代宮川香山作  個人蔵 


眞葛窯で素地(磁器)を製作し、東京瓢池園が絵付けを行った作品も初公開致します。

また、ミニコーナーとして魚をモチーフにした初代作品を展示するコーナーも設けました。

「歴代宮川香山の眞葛焼」展、本日より開催です。



今日もブログを見て頂き、有難うございました。

眞葛 博士

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る