So-net無料ブログ作成

真葛焼 虫明時代の初代宮川香山作品

皆さん、こんばんは。

今日は、初代宮川香山の岡山、虫明時代(横浜に移住する前の明治元年頃から3年まで)の作品について書かせて頂こうと思います。



実は先日、大阪のリサイクルショップがとんでもない作品を売りに出しているのを発見してしまったのです。


「 金襴手 酒盃  

胱元様 庚午孟春日 

真葛宮川 九々鱗長造々 」


DSC01307.jpg


「庚午」は明治3年、「孟春」は1月を指しますので、初代香山が岡山の虫明で作陶している時期の作品です。


箱をよく観察すると、初代香山の父、長造が使用していた「真葛」の印も押されています。


DSC01305.jpg



早速作品を見てみましょう。




DSC01313.jpg
初代宮川香山作 虫明時代 明治3年1月  個人蔵 宮川香山 真葛ミュージアム保管





DSC01310.jpg
初代宮川香山作 虫明時代 明治3年1月  個人蔵 宮川香山 真葛ミュージアム保管




とても美しい金欄手の酒盃です。

銘を見てみましょう。





DSC01308.jpg




この銘は、岡山県の重要文化財に指定されている、虫明時代の初代香山作「酒樽」の銘と、年代やタイプが同一のものです。




RIMG0293-66c0f.jpg
岡山県指定重要文化財 初代宮川香山作 虫明時代 明治3年1月  岡山県立美術館保管

m_RIMG0295-b2300-4da5b.jpg
上記酒樽 銘





今回発見した「酒盃」で非常に興味深い点は、初代香山が明治3年の1月、岡山の虫明の地で、「九々鱗長造」と箱書きをしていることです。


DSC01307.jpg


「九々鱗」とは青木木米の号ですし、「長造」とは木米の轆轤師であった初代香山の父長造のことです。


作品を手に入れることができた喜びで、岡山虫明在住の虫明焼研究家 I さんに早速電話をしました。

すると「1966年に発刊された桂又三郎さんの本にも、金襴手の虫明時代の作品がのっちょるぞー」とのこと。( さすが、生き字引です、、、、笑)

早速その本をみてみると、、、




DSC01315.jpg




DSC01318.jpg




DSC01317.jpg



ん、、、!


なんと、今回大阪のリサイクルショップが売りに出していた作品は、本に載っているまさにそのものの作品だったのです。


本が発行されてから、約50年。

この50年間、この「酒盃」がどのような旅を経て大阪のリサイクルショップまでやって来たのかはわかりませんが、この「酒盃」を見つけることができ本当によかったと思っています。


初代香山が虫明に滞在していたのは、わずか数年です。

従って現存している作品の数も少なく、非常に希少な真葛焼といえます。


また、虫明時代の作品については、贋作が非常に多いことが知られています。

銘や印すら違うもの、後世の作であるもの、明らかに贋作だとわかるようなものまで、企画展の図録や研究書などに「初代香山の虫明時代の作」として掲載されてしまっている現状があります。

この辺りについては、来年の岡山県立美術館の企画展 「没後100年 宮川香山  虫明焼と明治の陶芸」 ◆2016年3月18日(金曜日)-5月8日(日曜日) で、近年の研究の成果が反映された展示が行われることと思います。 → https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/75
http://okayama-kenbi.info/illustrated-book/illustrated-book_kozan.html


楽しみですね。



今日もブログを見て頂き、有難うございました。

真葛 博士





P.S.1 これまでブログで紹介した他の初代香山の虫明時代作品も列記します。

b35ac7ecf7f51557dae9cda50f6534b60769b19cbig.jpg

662518258d8168f28d7d10c823571443b8386ca7std-5bae9.jpg


_DSC6782-1-4ded9.jpg

_DSC6774-1.jpg

以上 → http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2015-02-17




m_RIMG0290-695e4.jpg

イギリスで発見した虫明時代の酒樽 → http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2012-06-24



P.S.2 水指など、虫明時代の陶器作品についても、今後ブログで紹介していきたいと思います。











nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

真葛焼 宮川家本家からの贈り物

皆さん、こんばんは。

実は私、ちょっとおめでたいことがございまして(笑)、それを宮川眞名誉館長(初代香山の玄孫)にお伝えしたところ、とても素晴らしい贈り物を頂戴してしまいました、、、汗。


DSC01326.jpg



新調された木箱の中は、、、、












20150716_212527_resized.jpg







何と、宮川家本家に代々伝わる、愛用の「狸の徳利」でした!

この徳利は、初代香山が大正2年に立ち上げた「狸亭」というブランドの作品で、わずか数か月間のみ製作された、真葛焼の中でも大変希少な作品なのです。


DSC05224.jpg
「狸亭 商品売上帳」 横浜市歴史博物館所蔵




20150716_212527_resized.jpg
初代宮川香山作 狸亭 徳利 大正2年 宮川本家旧蔵



この徳利の裏を見ると、、、


DSC01322.jpg


「狸亭」の印が押されています。




「是非これでお酒を飲んでください」と言われましたが、もったいなくて使えません、、、笑。

こんな素晴らしいものを頂いてしまい、宮川香山研究ももっともっと励まなくてはと身が引き締まる思いです。


個人で収集した真葛焼は、現在、全て「宮川香山 真葛ミュージアム」が管理する真葛収蔵庫に保管されているのですが、この徳利だけは我が家の書斎の一番高いところにしっかりと飾らせて頂いております。

これからも宮川香山研究を鋭意継続して、これまで解明されてこなかったことや、新事実の発見に努めていきたいと思います。

宮川名誉館長、本当に有難うございました。



今日もブログを見て頂き、ありがとうございました。

山本 博士





p.s.


これまで発見した初代香山の「狸亭」作品です。


F-5_1.jpg


F-6_1.jpg


F-28_1.jpg


どれもとても愛くるしいですね。
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

真葛焼 「新規発明 眞葛焼」

「新規発明 眞葛焼

この度、上野公園において開催される内国勧業博覧会において 私は自作の真葛焼の陶器を出品します。

皆さんのご要望に応じて山水なり墨竹なり、ご自身でお描きいただいたままを不忍池の土を使った陶器に写し取り、20分ばかりで新しく開発した真葛焼を制作してお求めに応じます。」



明治14年、第二回内国勧業博覧会に際して、香山が「かなよみ」という新聞に掲出した広告です。

第二回内国勧業博覧会といえば、香山があの国指定重要文化財になった渡り蟹の作品や、噴水などを出品した博覧会です。

そのような作品を出品する一方で、来場する一般の方々への販売用に「新規発明」の真葛焼を販売していたのですね。

以前も一度ブログに紹介させて頂きましたが、→ http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2014-04-11
新たにそのときの作品が手に入りましたので、ここにご紹介したいと思います。





G-8_3.jpg





不忍の泥をもって造る、と書かれていますね。


この作品は、一見磁器のようにも見えますが、磁器っぽい色と質感の釉薬をかけた陶器です。





G-8_2.jpg







絵付けは、







G-8_1.jpg






この絵付けはお客さんが会場で描いたものなのでしょう。

いったいそれをどうやって、この作品に転写したのか、、、。

今となっては確認する術はありません。


いずれにしても、香山の独創的なアイデアと実行力を象徴するような商品だと思います。


この貴重な真葛焼を、僕がどうやって手にすることができたのかと申しますと、

実は、これもまた”頂きもの”なのです、、、汗。


もう去年の話になりますが、本業のお菓子屋 http://www.3yo.co.jp/ で、弊社の顧問を受けて下さっている方がいるのですが、その方の趣味が古美術収集でして、以前この「新規発明の真葛焼」について僕が描いたブログをご覧になられて、君が持っていた方がいいだろうと頂いてしまったものなのです。


コレクションの中には、頂いてしまったものも多くあります。

実はそれらは自分で購入したものよりも、保管などについてとても気を遣います。

何か、”しっかり研究してくれよ”、”もっと励めよ” と言われている気がするのです。


今回プロのカメラマンに撮影をして頂けたので、このブログでしっかりと公開させて頂きます。







G-8_3.jpg
初代宮川香山作 明治14年 宮川香山 真葛ミュージアム保存 個人蔵 






顧問、改めまして御礼申し上げます。



今日もブログを見て頂き、ありがとうございました。

真葛 博士



p.s.


以前のブログでご紹介させて頂いた不忍の池の泥を使い、内国勧業博覧会で販売された別の作品です。


G-6_3.jpg


G-6_4.jpg


http://kozan.blog.so-net.ne.jp/2014-04-11













nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

真葛焼 講演会が無事に終了しました

現在、名古屋のヤマザキマザック美術館で開催されている「世界に挑んだ明治の美 宮川香山とアール・ヌーヴォー 」展。




IMG_2684.jpg
http://www.mazak-art.com/




7月20日の祝日に、私が講師を務める講演会を催して頂きました。

マザック美術館のスタッフと僕の親戚しかいなかったらどうしよう、、、と心配をしながら会場につきましたら、




P1020180[1].jpg





定員の80名を超え、急きょ椅子を大幅に増やしてお座り頂くという状態になっており、宮川香山に対する関心の高さを実感しました。



通常、真葛ミュージアムでのイベントなどで30分程の解説は行うことはありますが、90分の講演となるとそれほど経験は多くありません。

だからこそ、それはもう一か月程前から、それは必死で準備をしておりました。

話の組み立てから、パワーポイント資料の整理から、どうやったらわかりやすく宮川香山の魅力を伝えることができるか、そして僕ならではの話ができるか、誠心誠意準備を行いました。

そして、当日は全身全霊で務めさせて頂きました。




P1020181[1].jpg




来場くださった方々も、時にうなずき、また時に一緒に笑って下さり、とても和やかな雰囲気で講演会は終了しました。

講演会終了後も、何人かの方々からお声掛け頂き、宮川香山の魅力をしっかりとお伝えすることができたと、今は本当に安心しております。

足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました。





企画展は来月まで開催されています。本当におすすめの美術館ですので、ぜひ!





IMG_2846.jpg





今日もブログを見て頂き、有難うございました。

真葛 博士







nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る