So-net無料ブログ作成

宮川香山 地元「南太田小学校」所蔵の真葛焼 

みなさん、おはようございます~。

今日は、横浜の地元「南太田小学校」に伝来する真葛焼について書かせて頂きます。

先日、歴史研究家の増田先生と、南太田小学校の第十五代校長の宮澤先生と共に、南太田小学校所蔵の真葛焼について調査する機会に恵まれました。(関連する皆さまに本当に感謝致します。ありがとうございました。)

その真葛焼は、とある厳重な場所に、厳重な警備システムの下、保管されておりました。

地域の財産として、小学校がいかに大切に守り、保管してきたかが伝わります。



いよいよ対面です!


RIMG2074.jpg



RIMG2082.jpg



RIMG2079.jpg


明治後期から大正初期に製作されたと思われるこの大花瓶は、高さ60.8センチの実に見事な作品です。


美術館や博物館で見る真葛焼とはまた違う、地元地域で温かく見守られてきた、柔らかい魅力を感じました~。

このように作品が保存、伝承されているのは、本当に素晴らしいことですね。




今日もブログを見て頂き、有難うございました。

真葛 博士
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。