So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新刊「初代宮川香山 眞葛焼」が刊行されました。

みなさん、おはようございます。


2018年10月6日、新たな眞葛焼の本を刊行しました!




EA1E7EC4-830B-4D67-9269-8CFA03CD9A65.jpeg
「初代宮川香山 眞葛焼」編著 山本博士




「世界に愛されたやきもの 初代宮川香山作品集」を世に出してから早8年。あれから様々な発見がありました。

今回の本では、近年の研究の成果やこのブログの記事も織り込みました。

また、新たに里帰りを果たした驚愕の作品も多く掲載されています。



DA27A8CC-7BBC-4352-A68C-99D46AA2CA8D.jpeg




7EB9BE8E-C161-456F-BD4B-23B6933A7E2D.jpeg





566F3F99-081D-4B05-9B5F-B2F5EE8105E9.jpeg





BA582745-6952-4CE2-BE51-BD5D03929AFC.jpeg





4B773FC7-3E6B-47C2-86DC-BD5065413AC1.jpeg





44FF7EDC-ED7A-4D0F-B551-A0DDA9F30F64.jpeg





DC2E74EB-CF73-4508-A31D-4FF34B413BCE.jpeg





FB4CABCC-885B-455F-BE78-391FFDEE552A.jpeg





E0DE11BE-FC86-4E2B-A49C-12E00E779950.jpeg





4779C1C5-9F74-42C3-8A4C-F5F8735C16AB.jpeg




ED49D590-ED9A-4D22-B463-FE89BA258F25.jpeg




内容紹介
初代宮川香山の眞葛焼がわかる決定版!

明治初年、初代宮川香山は主に外国向けの陶磁器を製作するため、横浜に眞葛窯を築きました。
海を渡った“眞葛焼”は海外で絶賛され、シカゴ、バルセロナ、パリなど世界各地の万国博覧会等でも輝かしい受賞を重ねました。
多くの作品が海を渡り海外へと輸出されてしまったため、国内に現存する作品は少なく、現在では「幻のやきもの」とも言われています。

本書では、宮川香山 眞葛ミュージアムが収蔵する130点を超える優品を美しい写真で紹介し、近年の研究成果なども読みやすく解説しています。
初代宮川香山の世界を堪能できる一冊となっています。(A4版 オールカラー 108ページ)


編著 山本博士
税別 1500円 (amazon電子書籍は 1296円)





新刊本「初代宮川香山 眞葛焼」は売価を抑えるため、眞葛ミュージアム運営会社による通信販売と眞葛ミュージアムでの販売のみとなります。


通販サイトはこちらになります → http://kozan-makuzu.com/


amazonでは、電子書籍版のみ販売しております。→ https://www.amazon.co.jp/%E5%88%9D%E4%BB%A3%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E9%A6%99%E5%B1%B1-%E7%9C%9E%E8%91%9B%E7%84%BC-%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%8D%9A%E5%A3%AB-ebook/dp/B07HRV7B2Q/ref=sr_1_4?s=books&ie=UTF8&qid=1539786822&sr=1-4&keywords=%E5%AE%AE%E5%B7%9D%E9%A6%99%E5%B1%B1



おすすめです!



今日もブログを見ていただき、有り難うございました。
眞葛 博士

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

nice! 3

コメント 1

西浦焼コレクター

早速、本日注文しました。真葛焼をもっと知るために、関連書籍が1冊欲しいと思っていたところでした。ただ、他書だとだいたい5千円前後が一般的で躊躇していましたが、本書は値段もお値打ちで、また読み易そうです。到着を楽しみにしています。
by 西浦焼コレクター (2018-10-18 20:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。